季節が良くなってくると、みんなで集まってバーベキューをするのが楽しいものです。

友人たちと集まるのもいいですし、同僚や親せきたちと行うものも楽しいですので、海や山に行ってバーベキューをすると楽しい時間を過ごすことが出来るようになります。
バーベキューをする時には炭に火をつけなくてはなりませんので、スムーズに火を付けられるようにしたいものです。


そこで炭に火をつける時のコツとしては、炭を並べるときに空気の通り道を作っておくことです。

ただコンロに適当に並べただけでは、簡単に火をつけることが出来なくなってしまいます。
空気の通り道を作ることによって火が付きやすくなりますので、まずはコンロに炭を並べる所から始めなくてはなりません。

今、評判なのはこちらの新木場公園のバーベキューに有効なサイトです。

そしていきなり炭に火をつけようとしても簡単につくものではありませんので、着火剤を利用するといいでしょう。着火剤を利用することによって、炭に火が付きやすくなりますので、まずはそこから火がつくのを待つようにします。炭に火が付いた後にしたいこととしては、うちわでしっかりと仰ぐことです。

wikipediaに興味ある方、必見です。

あおぎ続けていると炎が出てくるようになりますので、炎が出れば一旦あおぐのをやめ、落ち着いて来たらまたあおぐといった風に繰り返していくと、炭に火が付くようになるのです。

バーベキューをする時に炭に火がうまくつかなければ気持ちも盛り下がってしまうことになりますので、スムーズに火をつけれるように知識を持っておくといいでしょう。